おせち料理 手づくり

我が家のおせちは母の手作りです

我が家では、お節料理は毎年母が作る物でした。

 

大掃除を急いで終わらせ、30日辺りから作り始め、元旦に皆で食べる。それが毎年の習慣です。我が家のおせちの人気メニューは金団とエビです。

 

金団は、元々は栗金団だったのですが、私も姉も弟も大好物の為にすぐ食べ終わります。それもあって、いつからか栗よりも安いいも金団が取って替わるようになりました。それでもすぐ無くなるのですが。

 

とにかくおせちを作っている母は忙しそうで、かと言って作った事のないおせちの手伝いを私が出来るはずもなく、仕方なく部屋の片づけや買い出しに精を出します。姉弟皆が成人してからは、姉が知人の料理教室で毎年おせちをいくつか作るようになり、母は少しは楽になったようです。

 

 

通販の味が苦手!?

そんなに大変なら、どうして通販のおせちを頼まないのかと思うでしょう。それは、通販のおせちの味がしっくりこないからです。

 

一度だけ取りよせました。おせち料理 どれがいいのと迷いながら選びました。
ですが、卵焼きは甘いし(我が家は塩辛い卵焼き)煮物は甘いし、普段食べ慣れないご馳走に気後れするしで、その年はおせちが大量に残ったのを今も覚えています。

 

今までは母に作ってもらっていましたが、そろそろ母も高齢。私は30を越えた。将来の為もあるし、今年の年末は思い切っておせちの作り方を教えてもらおうかな…。